天地開闢「エムザイム」HOME 非加熱だから酵素が生きている!究極のEM発酵飲料 サン興産業
 
 

EM発酵飲料 天地開闢「エムザイム」

 
 

 

 
   
     
 

EMの歴史

きっかけは比嘉教授とサン興産業との出会いから

あまり知られていませんが、EMの前身となる製品は、当初サン興 産業より微生物農業資材バイオスター、バイオライフ、バイオクリーン、 バイオ ガーデンという製品名で販売されていました。
しかし品質的に安定せず、当時琉球大学において土壌微生物の研究を していた農学博士比嘉教授に協力を求め、他の微生物を取り込むなど試行錯誤の末、EMの基礎が出来上がり大きく飛躍し確立された微生物資材へと生まれ変わりました。
長年微生物資材を研究製造販売していたサン興産業と、比嘉教授との 運命的な出会いがEM技術を生み出したと言えるでしょう。

昭和58年、EMは元沖縄県農林部長大城喜信氏の命名によりサイオンと名付けられ、サン興産業によりサイオンEM2号、サイオンEM3号、サイオンEM4号として世に送り出されました。
ちなみにサイオンとは、沖縄の農業の三大恩人の1人である蔡温(さいおん)の名を取り製品名としたそうです。
その後、自然農法を推進する団体等の力もあり、EMは順調に普及し、多くの方々に利用されるようになりました。

サイオンEM

EMの歴史
 
  加齢を気にしない健やかな明日のために、選りすぐりの自然の恵みを心を込めてお贈りします。  
 

お問い合わせは都夢創お客様相談室 フリーダイヤル0120-036-163(土、日、祝祭日を除く9:00から17:00まで)
天地開闢「エムザイム」の販売をご希望の小売店様は、こちらよりお問い合わせください。

 
 
[製造者]   [販売者]
サン興産業   都夢創